GundamaniA.CoM / Other / JAF-CON9 TopPage
ProfilE G-CollectioN CG GallarY G-NewS G-LinX WeB RinG OtheR

GUNDAM THE RIDE & GUNDAM MANIA
Report

GUNDAM THE RIDE
に入ると注意書きやら身長を計るゲージが。
110cm以下の人は乗れないので注意!
って子供以外あんまりいないか。
どうやらまだ始まっていないようだ。
係員はいなく、ゲートもしまっている。
館内オブジェもかなりの凝り様。
相当イカスぜ。
ミリタリーチックな中にフライト予定ボード(なんていうんだ?こういうの)が。
そうこうしているうちに連邦の制服を着ているおじさん(笑)がメガホンを持って登場。
なにやら説明をしているが、高揚感を抑えられず、耳に入ってこない。
説明をしている。
なんでも気持ちが悪くなった時の対処法を伝授してくれるとのこと。
そんなに激しいのか!?
ようやくゲートが開き中へと進む。
通路には色々なオブジェがあったが、本日1発目であるため内部へどんどん進んでいった。
2台のワイドモニターが設置されている大部屋へ。
その手前で8月末まで配られる搭乗証が配られる。
写真はモニターではなくバックライトのついたパネル。
こちらもパネル。
コロニー公社とコロニー引越公社の看板。
デザインはGTRのためにされたもの。
モニターにはコロニー公社の番組「わくわくスペースコロニー!わく」が流される。
いよいよはじまりだー。
実写とCGを巧みに合成して美麗なコロニーの景色が映し出される。
実にキレイ。
是非その目で確かめるべし!
突然の番組中断。
総員第一戦闘配備!
おっとぉ、この人は!
地球連邦軍第七艦隊所属サラミス改フジ級スルガ艦長ヘンケン・ベッケナー!
いいねぇー。
スルガの通信士官トーマス少尉から説明をうける。
そしてついにランチへと搭乗することになる。
ここから先は壮絶なCGと壮絶な動き、音響を体験した。
最高だ…。
良すぎる…。
ていうか全てが高速で乗り物酔いをしてしまった。
さっきの連邦軍の制服を着たおじさんの言った事はまんざらウソでもなかった…。
ふらふらになりながら第1回目の搭乗を終える。
この日合計4回乗った。

残念ながら本編は撮影が出来ないので(いや、ホントはこれらもまずいのか)、写真は無いです。
実際に行って乗るべし!

ガンダム好きならいかなきゃウソだぜ。

Back

ProfilE G-CollectioN CG GallarY G-NewS G-LinX WeB RinG OtheR
Powered by Fuyuki Ando
Since12/9/1996